自動車関連NEWS
自動車関連のNEWSを紹介してます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワゴンR
ワゴンR、4年連続トップ 昨年度の新車販売

07年度の国内の車名別新車販売ランキングが4日まとまり、スズキの軽自動車「ワゴンR」が4年連続の首位で、10車種中5車種を軽が占めた。軽以外(登録車)の部門では前年度比5割増のホンダ「フィット」がトヨタ自動車「カローラ」を879台差でかわし、5年ぶりに首位に返り咲いた。

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が同日発表した。国内全体の新車販売台数は前年度比5.3%減と2年連続の減少だったが、上位10車種のうち7車種は前年度より販売台数を伸ばした。原油価格が高騰する中、低燃費で居住性のよい実用的な車に人気が偏る傾向が強まっている。

 ワゴンRは全面改良から4年半が過ぎたが、「居住性と使い勝手のよさが評価されている」(スズキ広報)。昨年2月に投入した追加モデルも販売を下支えした。

 フィットは初代が発売された直後の02年度にカローラを抜き、軽以外の部門で首位に立ったものの、翌年度からはカローラが4年連続首位と巻き返していた。昨年10月に全面改良された新型フィットは、軽やハイブリッド車を除くと最も低燃費(ガソリン1リットル当たり24キロ)である点などが評価され、翌11月から5カ月連続で首位。今やホンダが国内で販売する新車の3割近くがフィットという状態だ。

TKY200804040292.jpg


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://carbikecar.blog100.fc2.com/tb.php/13-99967ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。