自動車関連NEWS
自動車関連のNEWSを紹介してます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクラーレン
スパイ問題、先に謝罪 マクラーレン

スパイ問題とドライバー同士の確執にまみれた自動車F1のマクラーレン・メルセデスが新年を前に、すす払いを済ませた。スパイ問題では来年2月に審議が予定されていたが、先手を打った謝罪で中止させることに成功した。新鋭ハミルトン(英)との不仲が表面化した元総合王者アロンソ(スペイン)を放出した後釜には、F1で2年目の若手コバライネン(フィンランド)の起用を決定。来季のハミルトンの王座獲得に向けて集中できる状況にこぎ着けた。




 マクラーレンがフェラーリから不正に技術情報を入手した問題をめぐっては、08年向けのF1マシンに転用されていないかどうかを来年2月に世界モータースポーツ評議会が審議する予定だった。

 マクラーレンは今月13日になって国際自動車連盟(FIA)会長などにあてた謝罪文を発表。自らの落ち度を認め、再発防止を誓った。FIA会長はすぐに再審議の中止を要望する声明を発表。「F1の利益のために」と、名門チームのスキャンダルの早期終結を求めた。18日に審議中止が正式に決まった。

 チームとFIAの入念な下交渉がうかがわれる幕引きの最中に、マクラーレンはコバライネンの起用も発表した。「2人は抜群のコンビになるだろう」とチーム首脳。ハミルトンと同期で、実績は表彰台1度(日本GP2位)と劣るコバライネンには、ハミルトンのサポートに徹する役回りを期待している。

 コバライネンは「開幕時には平等な扱いをしてもらうことが重要だ」と野心をあらわにするなど、やや不安な部分も残すが、チームの苦心がハミルトンの初王座に実るかどうか。マクラーレンの動向には来年も注目が集まりそうだ。





スポンサーサイト
トヨタ、ロシアで生産を開始 プーチン大統領も視察
トヨタ自動車は21日、ロシア・サンクトペテルブルクの自社工場で、中型セダン「カムリ」の生産を始めた。ロシアのプーチン大統領は一昨年の工場起工式への出席に続き、この日は記念式典後に工場を視察。国を挙げてトヨタの進出を歓迎する姿勢を示した。

地元出身のプーチン氏は、日本側出席者の森喜朗元首相とともに、工場で最初に生産されたカムリを見学した。プーチン氏が外国資本の工場に2回も足を運ぶのは極めて異例。思い入れは格別のようだ。

 トヨタにとって、石油高に支えられて景気拡大が続くロシアは有望な市場。今年1~10月のロシアでのトヨタの販売台数は前年同期比57%増の13万5000台。07年は英国、ドイツを抑え、欧州最大の市場になる見通しだ。

 今回生産を開始したロシア工場の建設費は約50億ルーブル(約220億円)。敷地面積は約220万平方メートルで、当初は年産2万台を予定している。

 ただ、渡辺捷昭社長は21日、「将来的には敷地内に第2工場を加え、輸出も検討したい」と述べた。スポーツ用多目的車(SUV)や、カムリより小型の乗用車を追加生産し、年産20万~30万台を目指す考えだ。

 加工産業部門にてこ入れするロシアにとって、関連産業の広いすそ野を持つ自動車工場の魅力は大きい。誘致に力を入れるサンクトペテルブルクには、米ゼネラル・モーターズ(GM)、日産自動車、スズキも進出を計画している。

 課題も多い。トヨタが現地調達する部品は当面、シート、タイヤ、バッテリー、ガラスの4品目のみ。コスト削減のためには現地調達の拡大が不可欠だ。

 既にサンクトペテルブルクで生産を始めているフォードでは、待遇改善を求めるストライキでラインが止まる事態が頻発。労務コストの上昇も懸念材料だ。

廃車処分


日産・クライスラー、技術提携で協議 欧米メディア報道
日産自動車と米クライスラーがトラックやエンジンを相互供給するための協議に入ったと14日、ロイター通信など欧米メディアが報じた。

 関係者の話として伝えた内容では、日産はクライスラーのピックアップトラックなど大型車の技術に、クライスラーは日産の小型車にそれぞれ関心を持っているという。交渉は技術面の提携にとどまり、資本提携は視野に入れていないとしている。

 この報道について日産広報担当は全面否定している。クライスラー広報担当は「事業強化については常に検討しているが、日産との提携報道についてはノーコメント」としている。

 ただ、日産のカルロス・ゴーン社長は以前から北米での事業提携先を探していることを公言している。今年2月には、当時のダイムラークライスラーのクライスラー部門の売却先候補として日産の名前が挙がったこともある。

新型CクラスのAWDモデルが本国で発表
新型Cクラスに搭載される新しい4MATICシステムは、トラクション性能と走行安定性を向上させた新世代バージョン。従来タイプより伝達効率が向上し、システムが軽量コンパクトに仕上っているという。 センターデフに多板クラッチを用いたフルタイム4WDで、アクセルを踏んだ瞬間から、4輪にしっかりとトラクションを伝えられるのがこのシステムの特徴。

 前後駆動力配分は45:55。リアに多めにトルクを伝えることで、FRらしいハンドリング性能が期待できるものとなっている。もちろんESPやトラクションコントロールとも連動も図られており、駆動性能のみならず高い安全性が追求されている。

 新しいCクラスに4MATICモデルは、本国ではC280、C350、C320CDIエステートなどに設定される。

TKY200712120081.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。